「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」
「墾田永年私財法」
「サイン・コサイン・タンジェント」など、
声に出すと「口が気持ちいい」と
感じる言葉たち。
こうした言葉はツイッターでも
リスト化され、
たびたび話題になっています。
何度でも言いたくなる、
思わずつぶやいてしまう言葉に
はどんな特徴があるのか。
言語
学の専門家に話を聞くと、
PPAPは言語学的視点からも、
「最強ワード」であることが分かりました。

口が気持ちいい言葉」 特徴は七五調?

 「口が気持ちいい言葉」で
ネット検索をすると、
2万6千リツイートされた
3年前のあるツイートが出てきました。
機械仕掛さん(@kikaijikake)が
「大学時代に課題制作で
使うためにストックした
『口に出すと口が気持ち良くなる言葉』です」
とつぶやいたもので、
添付されたリストには
「ポリプロピレン」
「二酸化マンガン」
「王政復古の大号令」など、
確かに言いたくなるような
言葉ばかりが並べられています。

「趣味として普段から面白いと
思った言葉をスマホの
メモ帳に書き留めていた」
という機械仕掛さん。
投稿には4万4千の
「いいね」がつきました。
「想像以上の反響があって
動揺した一方で、
やっぱり似たようなことは
感じているんだな、
と共感してもらえたことへ
のうれしさがありました」

「語呂が良く、リズミカルであること」
といった感覚で
言葉を集めたそうですが、
リストにすると「墾田永年私財法」
「王政復古の大号令」
といった七五調の
言葉が多かったそうです。

「口が気持ちいい言葉」の
魅力について聞くと、
機械仕掛さんは
「読み上げたときに、
少しだけ楽しい気持ちになるところです。
ついつい足でリズムを
取ってみたり、
指を指揮棒のように
振ってみたりしたくなります」
と楽しみ方を教えてくれました。

日本人の感性にあったリズム

七五調のリズムは、
昨年のPPAPがブーム
になった時も指摘され、
そうした言葉を集めた
ツイートが話題になりました。
「短歌や俳句などに
代表されるリズムで、
日本人が好むものとして
根付いています」。
こう話すのは国立国語研究所の
窪薗晴夫教授(言語学)です。

窪薗教授によると、
元々農耕民族である日本人は、
田植えや稲刈りにおいて、
左右左右と足を動かすなど、
単調なリズムに親しんできました。
その結果、ワルツのような
三拍子よりも、四拍子や二拍子が
日本人の感性にあっている
という説があるそうです。

短歌や俳句などの
「五・七・五(七・七)」という構造は、
語尾に休符(ポーズ)を
入れて「八・八・八(八・八)」
と考えることができ、「
これによって四拍子のリズムが
生まれる」と説明します。

音の強弱をつける「特殊拍」

さらに「口が気持ちいい言葉」の
特徴として窪薗教授は
「特殊拍」を挙げました。
「ッ」といった促音や「―」の長音、
「ン」のような撥音、
二重母音(アイ、オイ、ウイ)の
「イ」がこれに当たります。

特殊拍を言葉の2音目や
4音目など偶数音目に置くことで、
「音の強弱の『弱』の役割を果たし、
リズムができる」と窪薗教授。
発音しやすいこうした言葉の
要素が「『ワンワン』や
『ブーブー』などの赤ちゃん
言葉に詰まっている」
と解説します。

他にも発音しやすい言葉は、
唇を閉じてから発音する
パ行・バ行・マ行や母音の「ア」があり、
また「サイン・コサイン」
「セブンイレブン」などは言葉の
最後に同じ音が繰り返す「
脚韻」が使われ発音しやすく
なっています。

「言葉は繰り返すことによって
リズムが生まれます。
そのリズムが作りやすい言葉は、
自然と口が気持ちいい言葉に
なるのではないでしょうか」

PPAPは言語学的にも優れていた

今回の取材で、
窪薗教授にいくつかの
「口が気持ちいい言葉」を
示した時に、真っ先に
取り上げたのが
「ペンパイナッポーアッポーペン」でした。

「特殊拍がこれほど見事に
使われている言葉は
めったにありません。
私はこれまで、『アンパンマン』』や
『カントーダイシンサイ
(関東大震災)』をそうした言葉の
事例に使っていたのですが、
それ以上です」

ギネス世界記録にも認定された、
ピコ太郎さんが生み出した言葉は、
言語学的な観点からも
「最強ワード」だったようです。

引用: livedoorNEWS