最近では何かと使用が
規制されつつある自撮り棒。
自撮り棒を使って撮影している姿は
傍から見て少々恥ずかしいが、
さらに恥ずかしいのは自撮り棒の先が
iPadである場合。
僕も初めて見た時は自分の目を疑った。

だが、さらに斜め上を行く自撮り棒がある。
それが「MacBookセルフィースティック」。
名前の通り、MacBookを取り付け
セルフィーを撮影することができる自撮り棒だ。

その「MacBookセルフィースティック」を
使って撮影している様子
公開されていたので、
そのシュールすぎる撮影シーンを紹介する!

 

「MacBookセルフィースティック」を活用したアート

どう考えてもスマートフォンで代用できることから
MacBookを自撮り棒の先に付けて撮影する
ということを正当化できる理由は何1つないが、
「MacBookセルフィースティック」を
使って自撮りするモデル、
というアート作品
として公開されているとのこと。
各写真に写っているMoisesさん、
John Yuyiさん、Tom Galleさんの
3人による作品だそう。

よって、「MacBookセルフィースティック」は
販売されていない。
買おうと思った人、残念!

写真で見る限りでは
相当丈夫そうな棒の先に
パソコン用の台を起置き、
MacBook Air」を設置して
バンドのようなもので固定しているようだ。

アートはなかなか
理解されづらい部分もある。
タイムズスクアでも通行人は
「MacBookセルフィースティック」を
使って自撮りしている様子に
驚きを隠しきれていない。


ワシントンスクエアパークでもパシャリ。
この体勢、物凄く辛そう

なんと女の人も
「MacBookセルフィースティック」で
自撮り。
いやこれ絶対超重いでしょう……。

いつかiMacを載せてセルフィーにチャレンジ
する猛者が出てきそうだな、
と思ったら矢先に発見した画像がこちら。
これを本当に街中で
見かけたら笑う。
そして普通に危ない!

下記ページには他にも
「MacBookセルフィースティック」を
利用した多数の写真が
公開されているので、
気になる人は以下からどうぞ!

引用: gori.me