『リトルビッグプラネット』
シリーズや『Tearaway』
シリーズを手掛けてきた、
英国の開発会社メディアモレキュールが、
2015年のE3でアナウンスしたのが
Deams』でした。
そこで披露されたPVをみても
ピンと来なかった人は
多いのではないでしょうか。
筆者もその1人でした。
カリフォルニア州アナハイムで開催された
「PlayStation Experience 2017」にて行われた、
『Deams』のメディア向けセッションを聴くと、
実はとてつもないポテンシャルを
秘めたゲームであることがわかりました。

『Deams』のPVを見た印象としては、『リトルビッグプラネット』の会社が作る、夢が題材の変わったビジュアルのゲームなんだなと思っていました。しかし、実際に開発者に話を聴くと、本作は単なるゲームではなく、ゲームの開発ツールにとどまらないクリエイティブツールとしての側面が強いことがわかりました。

「このゲームは全く新しいジャンルになる」と言っていた、
テクニカル・ディレクターの
アレックス・エバンス氏。
本作には用意されたゲームが
収録されてはいるものの、
それらはすべて『Dreams』で
作り出せる作品の「例」でしかありません。
PVにあった熊の被り物をかぶった
女の子のアクションゲーム、
不思議なアートワークの
黒人男性のクリック式
アドベンチャーゲームも同様です。

『Deams』は、基本的には
ゲームを1から作るためのツールです。
3Dキャラクターや
そのモーション、マップやオブジェクト、
音声や音楽など、
すべて『Dreams』の中に用意されている
ツールで作ることができます。
3D前提の設計となっているので、
2Dのゲームは作れませんが、
3Dモデルやマップをうまく活用するなら、
問題なく横スクロールの
ゲームも製作可能です。

『Dreams』は、
用意されたアセットを
配置していってゲームを作るのではなく、
3Dキャラクターのモデリング、
音楽の作曲・編曲、
声の収録やサウンドエフェクトなど、
素材を1から作ることができます。
セッションでは、
クリエイティブ・ディレクターのマーク・ヒーリー氏が
その製作工程を実演してくれました。
ゲーム画面には、マウスポインタ的な
役割を果たすキャラクターが表示され、
それをコントローラーで操作します。
DUALSHOCK 4のモーション操作や
PS Moveにも対応しているので、
より細かいポインティングも可能です。

最初に見せてくれたのは、
ある程度形になったキャラクターや
マップを配置していってゲームを
作っていくというやりかた。
キャラクターにはすでにアニメーションが
指定されているものを使い、
ウインドウに用意されている
オブジェクトを配置していってマップを作成、
最終的にアクションゲーム
として構成していきました。
NPCも簡単に配置でき、
動きを指定することで
プレイヤーキャラを
攻撃する敵にも設定できます。

次に、音楽を挿入することになりますが、
用意された音楽を設定するのではなく、
ヒーリー氏は1から音楽を制作してくれました。
ゲームの中にAdobeの音楽クリエイティブソフト
「Adobe Audition」にも似た
編集画面が映し出されます。
クリエイティブ系ソフトを
使ったことがあるユーザーであれば、
すぐにどう使えばいいかわかるような
レイアウトのものです。
その編集画面から曲を作るための
ウインドウを表示させ、
ギターやピアノなど数多くの
ジャンルの楽器を指定。
表示されているウインドウの中を
ポインタでなぞるとまるでギターの
弦をつま弾いているように音の音階が変わり、
録音ボタンを押すことでリアルタイムの
演奏を収録することができます。
停止ボタンを押すと、
その音の素材ができるので、
編集画面に配置することで編曲ができます。

このサウンドの編集機能の中には
ボイスオーバー機能も入っているので、
マイクから声を取り込むことも可能。
また、アフレコ音源として取り込み、
それをキャラクターの声として設定もできます。
ヒーリー氏いわく、
シンセサイザー並みの
機能が入っているとのことで、
ボーカル曲も作成できる
サウンドツールとしての
可能性を見せつけてくれました。

キャラクターについてですが、
今回、実演してもらったものはその制作方法です。
人物は、素体となる体のフレームが用意されており、
任意でアニメーションを付けることができます。
体の動きはコントローラーのモーション
機能を使うことで細かなニュアンスもつけることができ、
ゲーム中の歩いたりジャンプしたりする
動きを付けることができます。
コントローラーのモーション操作の
動きをリアルタイムで反映させ
収録することができるという、
モーションキャプチャーの
簡易版ともいえる機能が備わっています。

また、素体をベースに1からモデリングすることが可能で、
3Dの中で直感的に彫刻・彩色をしていくという
3Dモデリングソフト「Zbrush」に近い
操作で制作できます。
これもコントローラーやPS Moveの
モーション操作をマウスやデジタイザペンに
見立てるような形で行います。

実際に実演で見ることができませんでしたが、
ムービーを作ることも可能であるとのこと。
そこまで聴くだけで、『Dreams』は、
ゲームにとどまらず様々なジャンルの
作品を作り出せることがわかると思います。

『Deams』は「ゲームを製作できるゲーム」
という枠組みのものなので、
アクション・RPG・アドベンチャーなど、
あらゆるジャンルのゲームを創造し、
友達や世界のコミュニティと
シェアし合うという面を強く押し出しています。
『リトルビックプラネット』の
クリエイト機能を発展させるという形で
開発が始まったのだろう
というのは見て取れますが、
多くのクリエイト機能を突き詰めることで、
気づけば様々なメディアを生み出す
ことができる最強のクリエイティブツール
になってしまっているようです。

当然、プロ用のソフトと比較すると
できることは限られますが、
クリエイティブの基礎を
学ぶという面では十分な機能を備えており、
将来的には学習用ツールとしても
活用できるかもしれません。
『Dreams』というゲームがリリースされれば
クリエイターにどのような影響を与え、
どんなものが生み出されていくのか、
今から楽しみでしかたありません。

引用: Gamespark