世界中の企業が成長と共にドキュメンテーションを生み出している。会社と生産が増えるほど、蓄積されるデータが増えていく。同時に、労働生産性は絶えず増加しているが、ワークフロー管理の生産性はほぼ同じである。

現代のワークフローの問題には、部署の官僚制、多数の検査機関、従業員の無知、文書処理の法的要件への不適合などがある。これにより、ドキュメントがダブルチェックされ、新しいドキュメントが作成される。割り当てや契約の締め切りが間に合わなかった場合は、レポートや要求などの新しい文書が表示される。ただし、従業員はあらゆる場面で許可を申請しなければならず、プロセスがさらに遅くなるのだ。

ENDO Workflowとは?

ENDO Workflowは、これらの問題を解決する鍵となる。SAPなどのソフトウェアと統合され、必要なすべてのデータを取得して電子ワークフローおよび紙でのワークフローを簡単にし、最高のセキュリティ基準を維持できるソフトウェアインターフェイスを想像してほしい。最初のブロックチェーンのアーキテクチャ原理(分散化)は、遡及的にデータを追加することが不可能になり、ネットワークのブロック構造は、エラーまたはルール違反の場合の調査の透明性を保証する。

デジタル署名、電子キー、物理的な存在の要求、または紙のコピーの印刷を廃止する技術を使用してオンラインで文書を検証することが可能だ。このアプローチはワークフローを大幅に簡素化し、書類を手に入れずに情報にすばやくアクセスし、即座にリクエストを処理できるようにするのだ。

ENDO Workflowは、データステータスの変更を自動的に追跡して記録し、ビジネスに新しい機会を与える。例えば、店に製品を送るミルクの製造業者は、商品が配送された具体的な時間を知ることができる。次の段階で、ブロックチェーンは製品の需要に関するデータを追跡し、どの製品が消費者のニーズをよりよく満たすかを知ることができる。逆に、新鮮な製品を維持する方法や、需要の増加に対応できるように供給を整理することも可能である。また、最も近い見通しでは、商品の信憑性と合法性を簡単かつ迅速に確認できるため、ブロックチェーンは税関とのやりとりを促進することさえできるのだ。

ENDO の技術は、顧客の識別とアクセス権の確認の手順に非常に便利である。地方分権と複数のアイデンティティ検証ツールにより、顧客に他のサービスとの識別に使用できるデジタルIDを提供することが可能になる。

ENDO Workflowを使用することで、データへのアクセスを幅広く制御し、システムの分散型構造は仲介者なしに両当事者間で高い信頼を達成するのに役立つのだ。

ENDOは現在セールを開催している。2018年8月25日まで開催され、ソフトキャップは500万ドル、ハードキャップは1500万ドルである。
ブロックチェーンに配置された全データの信頼性を検証するENDOは本日よりセールを開始

ENDO公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


引用元:CryptoCurrencyMagazine