Blue Frontiersは学者、投資家、慈善団体のグループが、フランスポリネシアの人工島に300軒の家を建設する資金を手に入れるためにVaryon(VAR)のプレセールを開始している。

今回、Klerosがシーステッドコミュニティーでの取引に対して分散的な正義を提供するためにBlue Frontiersと提携したことを発表した。

Blue Frontiers:Varyonセール参加方法

Blue Frontiersがガバナンスフレームワークに統合する仲裁プロセスは、次の4つの簡単なステップで構成される。

  • Seasteadエコシステム内で取引するユーザーは、スマートコントラクトを結び、審査プロトコルとしてKlerosを選択する。
  • 紛争が発生した場合、関連情報はKlerosプラットフォームに安全に送信される。
  • 陪審員はネットワークから選出される。陪審員は、事件の証拠を評価し、投票を行う。
  • 陪審の決定は、スマートコントラクトによって強制され、公正な結果が保証される。

Blue Frontiers:独自の統治体制を持つ浮島で利用できるVaryon (VAR)トークンとは?

Blue Frontiersの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


引用元:CryptoCurrencyMagazine