Blue Frontiersは学者、投資家、慈善団体のグループが、フランスポリネシアの人工島に300軒の家を建設する資金を手に入れるためにVaryon(VAR)のプレセールを行なっている。Blue Frontiersが環境的責任を担って設計する浮遊構造上の永住地のことをシーステッドと呼ぶ。
Blue Frontiers:Varyonセール参加方法

シーステッドは移動式の浮動住宅、企業、コミュニティスペースである。

ネットワーク、近隣、都市、そして最終的には国際水域での国家の形成、改革、解散を可能にし、他の海洋との関連で移動し再構成することができる。シーステッドは、住民や企業に社会や政治的構造の急速な革新を可能にする自由と規制の枠組みを提供する。シーゾーンは海の特別経済区である。 シーゾーンは、ホスト国の領海内で法律および規制環境を作り、海洋兵に財政、慣習、労働、許可、その他の規制上の重要な事項について大幅な柔軟性または免除を与える。暗号通貨とブロックチェーンテクノロジーのユーザーと企業は、確実性、自由、税金に関して、これらの規制制度の恩恵を受けるだろう。Blue Frontiersは、フランス領ポリネシアと活発な議論を交わしており、そこに拠点を置くとともに、他の国でもシーゾーンを追求している。

プレセール中のVaryon (VAR)トークンとは?

Varyon (VAR)トークンは、保有者がBlue Frontiersの生態系、他の生態系、およびそれらの間で商品やサービスを交換することを認めている。Blue Frontiersは、合法的に行うことのできるVaryon (VAR)と引き換えに、物品やサービスを排他的に提供する。その利用方法にはシーステッドへの住居の購入やレンタル、海岸沿いのタイムシェア、行政サービス、公益事業、輸送、船積み、サービス産業活動などが考えられる。

プレセール段階では7-8%のみの販売を考えており、総計が1~10ETHの場合のボーナスは5%、総計が10~40ETHの場合のボーナスは10%、総計が40ETHを超える場合のボーナスは15%となる。

現在すでに1,350ETHが集まっており、ソフトキャップが4,000ETHとなっている。

Blue Frontiersプロジェクトのロードマップは以下のようになっている。これから本格的に公開セールが開始される。

Blue Frontiers:Varyonセール参加方法

Blue Frontiersの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


引用元:CryptoCurrencyMagazine