Blue Frontiersは学者、投資家、慈善団体のグループが、フランスポリネシアの人工島に300軒の家を建設する資金を手に入れるためにVaryon(VAR)のプレセールを開始した。
Blue Frontiers:Varyonセール参加方法

Blue Frontiersは、トークンの販売収益を利用して生態系を拡大し、シーゾーンやシーステッドを創造し、その製品とサービスにVaryon(VAR)のみを受け入れる予定だ。

こういった新しい統治体制は例えば、物理的にシーステッドを分離して、新たなシーステッドを作り出すことでいつでも分岐が可能な確度の高いソリューションとなる。これにより、高いレベルの進化可能性と適応率を実現するだろう。長い歴史を持つ自然の変化と選択の方法を真似ることで、シーステディングを通じた分散化統治のプロセスは、新たな文明の進歩を作り出し、進化させる。

Blue21でオランダの技師が開発した2021年の「シーステッド」コンセプト

Blue Frontiersはフランス領ポリネシア政府との間で、広範な自治を提案しているとの合意に達している。パートナー政府からの特別な法的枠組みを確保し、顧客による分散的かつ自主的な社会実験を行っていく。彼らは最初のシーステッドは2022年に実装され、5,000万ドルのコストが最高でかかると見積もっている。

Blue Frontiers:Varyonセール参加方法

ホワイトペーパーはこちら
Blue Frontiersの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


引用元:CryptoCurrencyMagazine