BaseLayer株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役 :競仁志、 以下BaseLayer)が日本におけるマーケティングのパートナーシップ契約を結んでいる、 ブロックチェーンを用いた“日常負債解決”モバイルアプリ『Lndr(レンダー)』の開発などで話題のBlockMasonは、 最大級のオープンソース・ブロックチェーンイニシアティブであるイーサリアム企業連合(EEA:Enterprise Ethereum Alliance)に2018年7月23日加盟したことを発表しました。
BlockMasonは今後EEAのメンバーとして、 イーサリアムのプラットフォーム上で開発されたオープンサービスや、 協業先サービス連携を想定した「スマートコントラクト」活用の事業上および技術上の課題と効果を検証していくことで、 より一層業界発展に貢献することを目指しています。

 

 

<BlockMason CEOマイケル氏>

BlockMason代表のマイケル氏は、 今回のEEA加盟について、 「EEAに加盟し、 ブロックチェーン技術に特化したスタートアップからフォーチュン500社に名を連ねている企業まで、 地球上の数百もの企業のネットワークに加われたことを嬉しく思います。 BlockMasonのミッションとEEAのミッションは同じ方向を向いており、 専門的知識や洞察を適宜共有していきたいと思います。 」とのコメントを発表しました。

 

EEAとは、 ブロックチェーン技術であるイーサリアムを企業が採用するために業界標準や仕様を策定し、 分散型アプリケーションの開発を推進することを目的とした企業連合です。 イーサリアムを企業レベルの技術へと進化させ、 プライバシー、 秘匿性、 スケーラビリティ、 安全性といった面の調査及び開発を推進。 これらに加え、 公開型のイーサリアムネットワークと、 業界・企業特有の非公開型アプリケーション層ワーキンググループの、 双方に於けるハイブリッド・アーキテクチャを調査していきます。 500社以上の企業、 技術者をメンバーにもつEEAは、 テクノロジー、 銀行、 政府、 健康関連、 エネルギー、 製薬、 マーケティング、 保険など多岐にわたるビジネスセクターから成り立っています。 多くの人が実際に使うことによって、 広く世界と互換性を発揮できる取り組みは、 これまでの諸問題を解決することにつながり、 結果的に標準規格として通用するようになります。 1つの企業では達成不可能な大規模な普及を可能にし、 公共イーサリアムの認可不要ネットワークにおける将来のスケーラビリティー、 プライバシー、 機密性に向けた知見を提供します。

 

 

Blockmasonは世界規模のブロックチェーン技術開発会社であり、 ブロックチェーン革命を支える基盤となるフレームワーク開発に尽力しています。 イーサリアムを現在よりも日常生活で使い易くするために、 イーサリアムベースの債務/債権の発行や、 貸借情報の記録/管理に特化した「Credit Protocol (クレジットプロトコル)」の開発など、 スマートコントラクトの概念を具現化するプロジェクトを行っています。 BlockMasonが開発した一般消費者向けモバイルアプリケーション『Lndr(レンダー)』は、 ブロックチェーンを活用した“日常負債解決”アプリとして、 友人間の負債の管理や、 十数の通貨による負債の清算(帳消し)が可能であり、 ブロックチェーンを私たちの身近にした画期的なアプリです。

 

会社名   : BaseLayer株式会社
所在地   : 渋谷区千駄ヶ谷3-14-5 第16スカイビル4階
代表者   : 代表取締役 競仁志
事業内容: 海外ブロックチェーンの日本向けPR・マーケティング・コミュニティマネジメントを
ワンストップで提供
TEL      :03-5775-1313
MAIL    :info@baselayer.asia
URL      : http://www.baselayer.asia/

引用元:ICO MARKET