アメリカ、テキサス州フォートワースには
「犬捨て広場」という忌まわしい名前の場所がある。
「エコー湖公園」というちゃんとした名前があるのだが、
人気がないこの公園は、
犬など動物が捨てられることが
多い場所となっていった。

地元の保護団体ザ・アバンドンワンズ
活動するジュディ・オブレゴンさんは、
この一帯で孤独なまま命を落としてしまった
動物たちの姿を何度も見てきた。

もうこれ以上の被害を出したくない、
ジュディさんらは最近では1日2回、
この公園周辺をパトロールしているのだそうだ。

そしてある日、
いつものようにジュディさんが
公園のまわりを車で走っていると、
1匹の痩せた犬を発見する。
さみしそうな声で鳴いていたという。

靴ひもが首にまかれた捨て犬を発見

痩せこけたその犬は
およそ生後6か月くらいだろうか。
ジュディさんの車がゆっくり近づくにつれ、
犬は顔をあげ鳴き声をあげながら
走り寄ってきたという。
ジュディさんが頭をなでると
頭をこすりつけてきた。

「車に乗せるまで気づかなかったのですが、
彼女は首の周りに靴ひもを巻かれていました。」
とジュディさん。

その靴紐はフェンスと
固く結び付けられていたのだが、
犬は自力でその靴紐を断ち切ったようだ。
それでも犬がフェンスのそばから離れなかったのは、また飼い主が戻ってきてくれるという思いからだろう。

「何より悲しいのはそんなひどいことをされていながらも、
元飼い主が戻ってくるかもしれないと思い、
彼女がその場にとどまっていたことです。」
とジュディさん。

悲しい過去に別れを告げて、明るい未来を目指して

キャリーと名付けられたその犬は、
ジュディさんの運転する車が
公園を通り過ぎる時、
ほんの少し振り返ったそうだ。

元飼い主がまた来るかもしれないと
いう未練があったのかもしれない。
だがこれからは、
悲しい過去と決別だ。
その後、キャリーは
そっとジュディさんに近づいて
頬にキスをしてくれたという。

その後獣医の診察を
受けたキャリーだが、
マイクロチップは入っていなかった。
元飼い主にかんする手掛かりは
得られなかったことになる。
だが幸いなことにキャリーの体調に
大きな問題がないことがわかった。

キャリーは食欲も旺盛である。
この分ならすぐに一般的な犬の体重に戻るだろう。

何をされても元飼い主を許す捨て犬たち

 「捨てられた犬たちを保護すると
いつも涙がこぼれてしまいます。
捨て犬たちは、捨てた元飼い主たちを
すでに許しているんです。
その慈愛の心が瞳に
表れているんです。」と
ジュディさんは語った。

これからキャリーの里親探しがはじまる。
だがそう心配することもないだろう。
こんなに愛くるしいし、
人懐っこくとっても元気なんだから。

キャリーは愛していた元飼い主に捨てられ、
あろうことか追って来れぬよう靴ひもで
フェンスに結び付けられていた。

靴紐がはずれてもキャリーは
その場を動くことをせず、
痩せこけるまで飼い主が戻ってくるのを
ひたすら待ち続けていた。

キャリーが経験した悲しい
出来事を覆いつくすぐらい、
愛情豊かな真の飼い主が現れるのを、
みんなが心より待ち望んでいる。
via: The Dodo/Facebook/などtranslated by kokarimushi / edited by parumo

引用: カラパイア