自動車を運転している際、
やはりいまメディアで騒がれているとおり、
危ない運転をする方が多いように感じます。

特に高速道路はさておき、
住宅地の細い通路であっても猛スピードで走っていく車は非常に危なく感じるわけですが、
警察もほとんど見ていない場所ということも有りなかなか制御は難しいようです。
さてこちらの案はそれを解消出来る術として秀逸です。

ー普通の横断歩道のようですが・・・

こちらアイスランドのとある横断歩道。
奥にあるのが話題となっているものですが、
なんと横断歩道が浮いているように見えませんか?

でも実際、歩道が浮くなんてことはないので、
何かしら仕掛けがあるわけですが、
ここから見ると横断歩道が浮いていてちょっと怖いな、
と感じるはずです。
その心理が今回の意図なわけですが

浮いている横断歩道にドライバーは思わず減速。
スピードを落としてしまうわけです。
でも実際に近づくとあら不思議、
浮いているというわけではないのです。

このような感じで「錯視」のアートが描かれているだけです。
当然横から見てしまうと、
なんのこっちゃわからないわけですが、
歩行者に関しては特に錯視を魅せる必要はないですね。

引用: 秒刊SUNDAY