【AFP=時事】(更新)米海軍のパイロットが、1機数千万ドル(数十億円)するEA18Gグラウラー(Growler)電子戦機の飛行機雲を使い、空に巨大な男性器の絵を描いていたことが分かり、海軍が赤っ恥をかかされている。

米西部ワシントン(Washington)州オカノガン(Okanogan)の住民は16日、EA18Gが上空を飛行しながら男性器の絵を描く驚きの光景を目撃。この瞬間を撮影した写真は、インターネット上で瞬く間に拡散した。

米海軍は、同軍所属のパイロットが「わいせつなイメージ」を空に描いたことを認めている。

同州ホイットビー(Whidbey)島にある海軍飛行場の報道官は声明で、問題のパイロットには飛行停止処分を科したと説明。現在、この問題に関する徹底調査が行われており、「海軍はこの無責任かつ幼稚な行為について謝罪する」と述べた。

■多くの人が面白がる

地上から目撃した多くの人たちは写真や動画をソーシャルメディアに投稿し、この光景を面白がった様子だった。

当時買い物をしていたというラモン・デュラン(Ramon Duran)さんは現地紙スポークスマンレビュー(The Spokesman-Review)に次のように語った。

「飛行機が下の(二つの)丸を描き終えたところで何の絵なのか分かり、笑いがこみ上げてきた」「本当に面白かった。あんなものを見るななんて考えたこともなかった」

米海軍の情報によると、米ボーイング(Boeing)製のEA18GはF/A18スーパーホーネット(Super Hornet) 戦闘攻撃機のプラットフォームに「高度な電子戦装備」を搭載した航空機で、価格は1機6700万ドル(約75億円)。EA18Gが空に描いた「作品」の写真は http://u.afp.com/4j7F で見ることができる。

引用元:grape