いつ起きるか分からない災害。万が一に備え、多くのホテルや公共施設には、利用客用の避難グッズが準備されているもの。

たとえば、ホテルの部屋に設置されている懐中電灯も避難グッズの1つ。その中に、透明のビニール袋も避難グッズとして置かれている場合があります。

※写真はイメージ

しかし、知らない人からしてみれば「ゴミ袋かな?」と勘違いしてしまうこともあるでしょう。

警視庁警備部災害対策課の公式アカウントは、災害現場で透明のビニール袋がどう役立つのかを紹介しています。

実は、透明のビニール袋は火災発生時に『防煙フード』として活用ができるというのです。

火災現場の煙は、見通しを悪くするだけでなく、吸い込むと一酸化炭素中毒を引き起こす恐れもあり、特に注意が必要です。

そうした煙の危険性から守ってくれる、透明のビニール袋。使いかたは、コチラです。

・ビニール袋を振り、袋の中にたくさん空気を入れる。

・袋を頭からかぶり、外の空気が入らないよう、袋の口を絞って片手で持つ。

最近では、専用の『防煙フード』を設置しているホテルもあるそうです。しかし、もしもなかった場合は、透明のビニール袋で代用する方法が役立ちそう。

「なるほど」「ためになる」との声が寄せられている、こちらの豆知識。

警視庁警備部災害対策課は「窒息の危険性があるため、使用方法に注意が必要」としていますが、緊急時の活用術として覚えておいてくださいね!


引用元:grape