都心部を離れると、
道端などで野菜をはじめとした
農産物の無人販売所
見かけることがあります。

無人販売所とは、
その名の通り、
無人で商品を販売する場所。
購入者は、設置された
小さな箱に料金を入れて、
商品を持っていくという
システムです。

しかし、こふ(@YorumaniaTaekov)さん
が訪れた無人販売所は、
一般的なものとは違っていたのだとか!

買わざるを得ない

(何か、いる!?)

ある日のこと、
無人販売所の前を通った
こふさんは、ハッとします。

カブや大根もみ菜、
それに漬物などが並ぶ
無人販売所。
並べられている商品
だけを見れば、
いたって普通です。

しかし、
そこに紛れていたのは…!!

「へい、らっしゃい…」

「おすすめは、大根もみ菜です…」

無人販売所ならぬ、『有猫販売所』だったのです! 

何ともいえない雰囲気を漂わせ、
店頭に立つ猫店員さん。

無言の圧力を感じる姿に
「これは買わざるを得ない」
との声が殺到しています。

ちなみに、猫店員さんいち押し
らしき大根もみ菜を買った
というこふさんは、
「とっても美味しかった」
と絶賛していました!

店番だけでなく、
オススメも教えてくれるなんて、
実に素晴らしい猫店員さんですね!

引用: grape