潮が引いた後の岩場で、
潮だまりでちゃぷちゃぷしながらヤドカリや
小魚と遊んだ記憶のあるお友だちもいるんじゃないかな。
懐かしい夏の思い出だったりするんだけど、
今回ご紹介するのはそんなカワイイものじゃなくて、
大量のイカが引き潮で取り残されてしまった様子を写した映像なんだ。
けっこう珍しい現象だと思うので、
ぜひご覧いただきたい。


SQUID Trapped In A Tidal Pool

この現象が目撃されたのは、
アメリカのマサチューセッツ州東端にあるケープコッドである。
ここは大西洋に突き出ているため、
波による浸食で
独特の入り組んだ入江が
連なっている場所なんだ。

撮影者さんが発見したのは、
引き潮でできた巨大な潮だまりに
取り残された、
数百匹のイカたちだった。

このイカたちは、
満月の大潮でかなり内陸の方まで入り込んでしまったらしい。
当時満潮と干潮の水位の差は3.8メートルほどになったそうだ。

この後、イカたちがどうなったかはわかっていない。
一応まだ十分な水がありそうなので、
満潮になったらもしかすると無事に海に帰れたのかもしれないね。

 もっと運が悪かったイカたちの動画も発見したので、
下に貼っておこう。こちらはケープコッドよりもさらに北の、
カナダとの国境近くにあるコブスコックベイで撮影されたもの。
イカたちの様子は2:50あたりから見られるよ。

SQUID Trapped In A Tidal Pool

 日本でも潮だまりに取り残されたイカやタコ、
魚なんかは結構よく見かけるけれど、
ここまで大規模なのはまずないよね。
撮影者さんも「初めてだ」とかなりびっくりしていたようなので、
貴重な映像になるんじゃないかな。

Northern Squid Beached after a storm with Tidepool Tim and kids

引用: カラパイア