TheSixthAxis: 90/100

『Doom VFR』はおそらく現在において最も素晴らしいVR体験だ。動作に関して改善する必要がある部分はあるが、昔ながらのウルトラバイオレンスはプレイしないのは勿体ない。ベセスダはまさしくVRの可能性を見せつけてくれた。今後のVR展開にも期待したい。

Trusted Reviews: 80/100
App Trigger: 80/100
Vandal: 75/100
IGN Italia: 74/100

Doom VFRはぜひ体験してもらいたい(自由に動ければもっと良い)のだが、ゲーム単体として見ると物足りなさを感じる。

Playstation Universe: 70/100
Everyeye.it: 69/100
Metro GameCentral: 60/100

DoomをVRに移植するという努力は素晴らしいが、PSVRの限られた操作のせいでアクションがぎこちなく、イライラする。

Push Square: 60/100
UploadVR: 60/100


 

2016年に発売された『Doom』の
PSVR版となる『Doom VFR』の
海外レビューをお届けしました。
記事執筆時点のMetacriticの
平均スコアは71点(総レビュー数11件)
をマークしています。

レビューでは賛否両論の
厳しい点数がつけられており、
非難の対象となっているのはその
「操作性」とのこと。
『Doom VFR』では「PSVR Aimコントローラ」、
「PlayStation Move」、
「DualShock 4」の3種類の
コントローラに対応していますが、
選択するコントローラによっては
後ろを向くことができずテレポート
での移動が必須であったり、
エイムのために頭を動かす必要があるなど、
最適化されているとは言いにくい
操作に非難が集まっているようです。
しかしゲーム内容としてはオリジナルの
良さがしっかりと
受け継がれているという声もあり、
そのクオリティーは維持
されていると言えるでしょう。

『Doom VFR』は日本国内で12月21日に発売予定です。

引用: Gamespark