『ブロックチェーン入門』の著者・森川夢佑斗が描く、新たなブロックチェーン時代の手引き

株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:森川夢佑斗、 以下Ginco)は、 仮想通貨のウォレットの提供を通じ、 ブロックチェーン時代の価値交換の実現に向けて取り組んでまいりました。 サービスを提供する上で積み重ねてきた「ブロックチェーン技術とは何か?」に関する知識や考察を、 より多くの方に知っていただく機会とするため、 基礎知識からブロックチェーンが社会にどのような影響をもたらすかまでを網羅的に解説した著書「ブロックチェーンの描く未来」を、 2018年8月10日よりKKベストセラーズから発売いたします。

本書は「ブロックチェーン技術の本質的価値とその可能性」をテーマに、 お金や記録、 契約、 Webといった現代の一般的な仕組みとブロックチェーンの関係性を解き明かします。 ブロックチェーンを活用し、 社会を発展させていくためのヒントが詰まった一冊です。
http://best-times.jp/articles/-/9536

著名 :ブロックチェーンの描く未来
著者 :森川夢佑斗
出版社:KKベストセラーズ
価格 :1600円+税
発売日:2018年8月10日
判型 :四六判・並製・272ページ
リンク: http://amzn.asia/9GxKz0W

 

Twitter:@m_muuto
1993年生まれ、 大阪府出身。 株式会社Ginco 代表取締役CEO。 2014年からブロックチェーンに関する専門家・実業家として活動。 現在は、 Gincoの代表として、 仮想通貨を安全に一括管理できるウォレットアプリを提供するほか、 ブロックチェーンを実用化するための各種コンサルティング事業や、 マイニング事業を行う。
著書に『ブロックチェーン入門』『ブロックチェーンの描く未来』(KKベストセラーズ)、 『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』(幻冬舎)などがある。

本書では、 6章立てで、 ブロックチェーンに関連する既存の技術や制度を読み解きながら、 ブロックチェーン技術のポテンシャルとインパクト、 現在の課題と発展、 そして活用について説明していきます。

 

序章では「ブロックチェーンがなぜ分かりにくいのか?」をテーマに、 本書の構成を説明します。

・お金とは何か?
・それはどのような変遷を経て今の形になっているのか?
・ビットコインが提示したお金の新しい在り方とは?

・記録はどのように行なわれ、 維持されてきたか?
・記録の中央集権管理にともなう弊害は何か?
・ブロックチェーンによる非中央集権的な記録のポテンシャルは?

・契約とはどういった営みか?
・スマートコントラクトとは何か?
・プログラムをブロックチェーン上で公開することの意味は?

・ブロックチェーンによってウェブはどのように変わるか?
・新しいウェブの在り方「Web3.0」とは何か?
・Web3.0を構築するサービスは何か?

・ブロックチェーンを取り巻く課題は何か?
・それぞれの課題に対して、 どのような取り組みがあるか?

・データベースの共同利用
・情報の所有権を利用した取引
・マーケットプレイス2.0
・広告不在、 個人中心のプラットフォーム

・ブロックチェーンの本質は何か?

——————–
▼お問い合わせはこちらまで
メールアドレス:pr@ginco.io
担当:広報・藤本

引用元:ICO MARKET