一緒にいて気疲れしない
楽な男子と付き合いたい! 
という女子も多いと思います。
でも、自分自身はどうでしょう? 
男子にとって”楽”だと
思ってもらえる居心地の良い
存在になれているでしょうか? 
今回は男子がどのような女子を
「一緒にいて楽」と思って
いるのかご紹介します。
一緒にいるだけで落ち着く、
安心する彼女だと思われる
ための方法をチェック
してみてください!

 

1. ノリのいいボケとツッコミができる女子

「最高のカップル」の定義は
たくさんあると思いますが、
その一つは明らかに「会話が合う」
とか「会話のノリがいい」カップルです。
よく練習して息の合う
ノリツッコミをする、
お笑い芸人さんみたいな
会話だけが「ノリがいい会話」で
はないですよね。
それこそ「空気を読む」とか
「かゆいところに手が届く」
ような会話だって「ノリがいい」に
含まれるでしょ?

会話をすることが重要!

会話って、生涯ついてまわる
重要なテーマらしいです。
たとえば結婚生活をしていたら、
それはそれは夫婦で大変なことを
いくつも乗り越えていかなくては
ならないわけですが(夫婦じゃなくても、
大変なことは長く生きていると
多々発生しますが)、
大変なときであっても会話する
ことを忘れてはいけない……ときに
結婚式において、
神父さんは私たちにこう語りかけます。
あるいは、高齢者になって
ボケない方法というのを
ときどきテレビでやっていますが、
「会話することの重要性」
を説く識者がいます。

とにかく会話。
会話のノリ(リズム)が合う相手のことを、
彼は「一緒にいて楽な彼女」
だと思います。
彼女だって同じでしょう! 
会話が楽しい彼のことを
「楽」だと思うでしょ?

2. 生活感がうかがえる女子

ときどき「黄ばんでいるブラを
見て彼は幻滅し、
それが別れのきっかけになる……」
なんてことが、
ネット上の恋愛コラムに
書かれています。が、
半分は本当かもしれませんが、
少なくとも半分はウソです。
黄ばんでいないブラ、
たとえばイタリア製の
それはそれはゴージャスな
ブラをつけている彼女に対して、
彼は生活感を
見出すことができません。
「お金がかかりそうな女だな」と
露骨なことを思わずとも、
生活感をうかがい知る
ことができないと、
とらえどころがないと
いうことになります。
つまり、あなたという人間を
どうとらえていいのか
彼は困るわけです。
黄ばんだブラでとらえどころを
与えてあげる女子の方が、
まだ高級であるといえます。

取り繕わなくていい!

彼のことが好きすぎる彼女とか、
恥ずかしがり屋さんの彼女は、
どうしても彼氏に対して素直に
自分の生活感を見せられない
のかもしれませんね。
そういうときは、
ネコを飼っている人であれば、
セーターにネコの毛を
何本かくっつけてデートに行く
といいかもしれません。
ネコが好きな女子と彼が分かると、
それが彼にとって彼女を理解する
一助になります。
恋愛に鈍い男子であっても
「ネコ派・イヌ派」という
言葉くらい知っているでしょう。

ブランドものの時計やカバンを
数個持っていないと、
彼に「いい女」に思われない
という懸念をもっている女子は、
今日からそういう
発想を捨ててみては? 
全てファストファッション、
パンツからはほつれている糸が
少し顔を出している……
これでOKといえばOKなんです。
生活感のないのっぺりした人間って、
どこをどう攻めたらいいの
かわからないのです。
そもそも恋愛って、
「相手の生活の一部になる」
ということだから。

3. 男子に緊張感を与えるのが上手い女子

たとえば「私のことを怒らせたら
ソッコーで別れるから」と言うのは、
彼氏に緊張感を与えるのが
上手い彼女です。
「楽」って、24時間365日ずっと続くと、
楽なくせに苦痛になってきますよね。
ず~っとダラダラしている
感覚になってきますよね。
どこかのポイントで緊張感
でもって締めないと、
楽は苦痛に変わってきます。

「一緒にいて楽な彼氏・彼女」の本当のところは……?

冒頭に「一緒にいて楽な彼氏・彼女」
と書きましたが、
これって本当は「楽なところと、
緊張感を与えるところの
バランスがいい彼氏・彼女」
というのが正解です。
楽なだけだと、お互いにそのうち相手
に飽きてきます。
ネットで話題のセックスレス問題なんて、
その典型です。
たとえば通い婚のように、
普段ほとんど一緒にいない
二人がたまに会うから、
そこに緊張感が生まれ、
セックスレス問題の発生の
しようがないという関係
だってありますよね。
ほどよく彼に緊張感を与える
ことのできる彼女は、
彼にとって「一緒にいて楽な彼女」です。

いかがでしょうか。
「楽」って面白いもので、
楽なことだけを追求していくと、
やがて苦痛に変わってきます。
便利と同じです。
便利な生活で、「なんでもかんでも時短」
と思って機械まかせにしちゃうと、
そのうち生活が色あせてきます。
だから、多少の不便を
人々は採用するのです。
野菜なんて買えばいいものを、
ベランダで家庭菜園するとか。

カップルにおける「楽」も同じです。
二人で多少、
しんどいことをするとか、
緊張感のあるなにかをすることで、
「楽」が実現します。
たとえば二人で貯金にいそしむと……
当然彼女は、生活感のある
ブラをつけるしかないわけで……
彼はますます
「一緒にいて楽な彼女だなあ」
と思うわけです。
(ひとみしょう/studio woofoo)

引用: LAURIER PRESS