冬になると恋しくなるもののひとつが、
肉まんだ。
冷んやりとした体に、
温かさがじんわり染みる。
手のひらにスッポリと収まる大きさなのも良い。
スタンダードな肉まんはもちろん、
ピザまんやあんまんなど、
バリエーションが豊富なところも良いよな。

京都水族館でも、
冬季限定であんまんを販売している。
そして、
さすがは水族館なだけあり
“オオサンショウウオ” を
かたどったもので、
見た目もとても愛らしいのだ。
そんなつぶらな瞳で見つめられたら
超食べ辛い
んですけどー!

・寒い時期だけの限定まんじゅう

京都水族館は、 “オオサンショウウオ出汁茶漬け” など、
これまでにも数々の奇想天外なメニューを世に放ってきた。
それらに比べると、
なんともアクが抜けた感じのする
「オオサンショウウオまん(350円)」。

ただし可愛さで言えば、
これまでのどのメニューよりも
飛び抜けていることを保証する。
特に、まん丸な目がキュート! 
まんじゅうは館内のアザラシ水槽のすぐそば、
「KAIJU CAFE(かいじゅうカフェ)」でのみ
販売中だ。
販売期間は明確に定まっておらず、
暖かくなれば終了とのことだぞ。

・食べるのを躊躇(ちゅうちょ)するほどの愛らしさ

さてオオサンショウウオといえば、
同館でトップクラスの人気を誇る生きもの。
その人気を受けて、あんまんにすることになったそうだが……
え、これを食べろと言うの? 
こんな可愛い顔をした子を食べるの? 
めっちゃ心苦しいんですけど! 

しかし、
いつまでも眺めている訳にはいかない。
心を鬼にして口に運ぶ。
ふわっふわの生地は、
ほんのり茶色。
体を半分に割ると中からこしあんが登場だ。
頭から尾まで、
しっかりあんこが詰まっている。

食べ応えは十分。味は優しい甘さで、
じんわり体に染みていく感じだった。
手のひらサイズでありながら、お腹にたまるのも嬉しい。
こんなに癒されるあんまんは初めて食べたよ。

オオサンショウウオは、
しっかりとした尾が特徴だが、
まんじゅうの尾もナカナカ立派。
忠実に再現しているあたり、
水族館に来たことを実感できた。
間違いなく、
水族館へ出かける楽しみのひとつになる一品なので、
京都水族館に行く際にはオススメだぞ。

・今回ご紹介した館の詳細データ

店名 京都水族館
住所 京都府京都市下京区観喜寺町35−1
時間 10:00〜18:00
定休日 なし

引用: RocketNews24