レベニューシェア構造を備えた次世代デジタル流通プラットフォームであるAbyssはソフトキャップを24時間で到達した。Abyssは現在世界初のDAICOを開催している。現在ETHで13,447,881そしてBNBでは1,842,703ドルを調達している。ETHの合計調達額は16,232ETHだ。

AbyssはVitalik Buterinの”DAICO”コンセプトをテストする世界初のプロジェクトになることを目指している。 DAICOは、地方分権自治組織(DAO)と伝統的なICOの利点を融合させた革新的な資金調達モデルである。設計上、DAICOは最初のICOコンセプトをアップグレードしてより透明かつ安全にすることを目指している。

The AbyssはXsollaのサポートを受ける

The AbyssはXsollaのCEO、Aleksandr Agapitovがプロダクトアドバイザーとしてこのプロジェクトに参加することを発表した。ビデオゲーム業界の豊富な経験とデジタルマーケティングの経験を持つ成功した技術起業家として、彼は次世代のデジタル流通ゲームプラットフォームを構築するためにThe Abyssチームに助言する。

AleksandrはXsollaの創設者兼CEOであり、ユーザー獲得、支払いソリューション、ゲームストアの構築と管理、ビデオゲーム業界における第1位の不正防止、ラウンドカスタマーサポート、世界中のマーケティング、データ分析/ビジュアライゼーションが含まれる。

Xsollaの技術的ソリューションは、2000年以上のゲームプロジェクトとThe Abyssの間に架け橋を作り、プラットフォームに素早く簡単にアクセスできる。 Xsollaを使用することで、開発者はThe Abyssのゲームをオンボーディングするために必要なすべてのプロセスを、ユーザーアカウントを離れずに通過することができます。これにより、統合プロセスが大幅に簡略化される。


引用元:CryptoCurrencyMagazine