ブロックチェーンを用いた画期的な成果報酬型広告システム『EARNET』。ホワイトペーパー、解説動画を初公開― Airdropも予定 ―

AiBC Limited(本社:Wan Chai, HONG KONG、 代表:Yoshihiro Horiguchi)は、 ブロックチェーンを用いて今までにない成果報酬型広告(アフィリエイト)システムを創造するプロジェクト「EARNET」において、 初めてとなるプロジェクト概要書(Whitepaper)をウェブサイト上にて公開しました(英語 http://earnet.io/  日本語 http://earnet.io/jp )。 合わせて、 ウェブサイトにプロジェクトを紹介するムービーも掲載いたしました。

 

EARNETは、 今年7月に開催された、 アジア最大級のトークンエコノミーとブロックチェーン業界向けイベント「TokenSky Tokyo 2018( https://jp.tokensky.net/ )」にて、 プロジェクト概要を世界で初めて公開いたしました。 以来、 既存の成果報酬型インターネット広告が抱える問題点を解決する画期的なシステムとして、 アフィリエイターの皆様をはじめ、 ブロックチェーンの界隈で話題となった、 次世代の成果報酬型広告ネットワークです。

ネットワークにブロックチェーンを用いることで、 これまでのようにASP(アフィリエイト サービス プロバイダー=運営会社)が全てを仕切るわけではない、 完全に非中央集権的な広告ネットワークを構築します。 それは、 広告主、 アフィリエイター、 さらには広告閲覧者(ユーザー)までも巻き込んで、 それぞれが自己利益を拡大する力を、 広告ネットワークの適正化や拡大するパワーとする、 今までにないエコシステムを作り上げることになります。

プロジェクト名「EARNET」は、 広告主・アフィリエイター・ユーザー皆が稼げる(EARN)ネットワーク(NETWORK)を意味しており、 発音は「アーネット」[ə́ːrnét]になります。

 

EARNETは、 データの改ざんが困難なブロックチェーン(ERC20)上に、 アフィリエイトの成果や統計情報を記録します。 これによって、 広告主もアフィリエイターも、 成績が一目瞭然となり、 広告を選択したり掲載先を探したりする際の重要な指標が公開されます。

結果として、 誠実な広告主やアフィリエイターはより稼ぐチャンスが広がり、 不正や誤魔化しを行っていれば活動しにくくなるという自然淘汰が起こります。 全員が“稼ぐ“を目標として努力することが、 自律的かつ非中央集権的なネットワークを構築し維持する、 理想的なアドシステムが誕生します。

またAIにより、 これまで正確なトレースが困難であった、 問い合わせ電話に成果報酬を設定したり、 来店や成約さえも成果報酬広告を行えるようになります。

EARNETでは、 従来のアフィリエイトでは2か月程度かかっていた成果報酬支払いを、 トークン化することで、 スマートコントラクトにより素早く実行します。

従来のアフィリエイトでは、 広告をクリックして広告主のサービスを利用するユーザーには、 今まで知らなかったサービスや商品に出会えるといった、 純広と同じメリットしかもたらしてきませんでした。

EARNETではユーザーも、 特にO2O(オンラインからオフラインへ誘導する、 実店舗型アフィリエイト)において成果報告を行うことで、 トークンを手に入れられる仕組みを提供します。

※earnetプロジェクトの詳細につきましては、 ウェブサイト(英語 http://earnet.io/  日本語 http://earnet.io/jp )よりホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

EARNETでは、 telegramを通じてトークンのAirdrop(無料配布)を予定しております。 現在の予定では9月3日には受付をスタート、 バウンティプログラムに関しても提供予定です。 詳細につきましては、 telegram( https://t.me/earnet_io )等にて情報を発信しておりますので、 フォローをお願いいたします。

『EARNET』は各種SNSにオフィシャルアカウントを設けております。 最新情報は各種SNSにてご確認ください。

引用元:ICO MARKET