インディースタジオMidbossが、
アドベンチャーゲーム『2064: Read Only Memories』
のPS Vita版を発表し、
海外で配信開始した。
日本でも近日配信の見込み。

インディースタジオMidbossが、
サイバーパンクアドベンチャーゲーム
2064: Read Only Memories』の
PS Vita版を発表。
同時に海外でプレイステーション4との
クロスバイ対応で配信開始した。

 

2064: Read Only Memories』は、
2064年の“ネオ・サンフランシスコ”を
舞台にしたレトロスタイルの
アドベンチャーゲーム。
世界初の自律思考型の
ロボットである“チューリング”の
誕生によって引き起こされる騒動を描く。

日本でも先月、Playismをパブリッシャーに、
日本語プレイステーション4/PC版が配信されたばかり。
そこでPS Vita版についてMidboss関係者に確認したところ、
日本でも数週間以内にリリース予定で、
海外と同様にクロスバイに対応予定だという。
つまり、プレイステーション4版を購入している
場合はPS Vita版も無料で入手できるのだ。

自意識を獲得したロボットはネオン色の未来を夢見るか? サイバーパンクアドベンチャー『2064: Read Only Memories』がPS4/PCで本日配信。
 

Midbossの『2064: Read Only Memories』を紹介。
日本語入りのプレイステーション4版と、
PC版の日本語アップデートが本日より配信開始された、
サイバーパンクテイストのアドベンチャーゲーム。

実は本作、以前からVita版の予定はあったものの、
当初使用していたエンジンなどの関係も
あって移植に難航。
長期にわたる試行錯誤の末に一度は
断念する声明を出していたが、
残念がるファンの声に応えて
「最後にもう一度だけ」
と調査・検討してみたところ、
ネックとなっていた部分の
対処法を見つけ出したということのようだ。
というわけで今回の発表&配信も、
アメリカのカリフォルニア州アナハイムで
本日開幕したPlayStation Experience 2017に
合わせたサプライズプレゼント的な性格のものとなっている。