ピラミッドといえば、
石の積み上げ方法や
運搬方法がたびたび議論される、
素晴らしい建造物の1つですが、
今回発見されたのは、
それらの話題とは
少し異なるようです。
なんでも今回は発見されたのは、
これまで散々議論されている
作成方法ではなく、
作られたピラミッドの
内部の構造で、
なんと内部に未知の
大きな空間が見つかったと
話題になっているようです!

今回新たな空間が
発見されたのは、
ギザの大ピラミッド。

これまでピラミッドに関しては、
水による石の運搬方法や、
労働する環境など様々な
事実や仮説が議論
させれてきましたが、
ピラミッド内部の未知なる
空間に関しては、
19世紀以来の
珍しい発見となります。

今回の発見には、
スキャミング技術が利用され、
その結果、実際に判明
している空間以上に謎の
空間がピラミッド内に
存在することが判明
したと言うのです。

今回発見されたピラミッド内部
の未知なる空間に関しては、
どのような部屋なのか、
また何故そのような部屋が
あるかなど詳細は明らかと
なっていないのだとか。

今後、この空間については
専門家の議論などを
期待する方針のようで、
手がかりとなる部屋から
穴を開けたりして強引に
見つける方法は
取らないとのことです。

ちなみに、新たな部屋
の存在について、
今回のスキャミング以外に
資料等は見つかっておらず、
入り口もないことから部屋
と言うよりはただの空間
といった方が妥当
かもしれません。

しかしながら、
ピラミッドに関しては様々な
謎が隠されている、
または秘密がありそうですので、
今後の大発見に期待したいですね!

掲載元:
http://www.disclose.tv/news/new_hidden_chamber_with_unknown_purpose_found_inside_great_pyramid_at_giza/140723

画像掲載元:YouTube

引用: 秒刊SUNDAY