アマゾンの奥深くには、
煮えたぎるほど熱い川が
存在するという伝説がある。
日本にある温泉などというレベルではない。
沸騰するほどの熱さだ。

地質学者でありペルー出身の
アンドレス・ルッソ氏は、
その川の正体を探るためアマゾンへと訪れた。
そしてそれは確かにあったのだ。


The Amazon’s Boiling River Kills Anything That Enters

0_e7

 アマゾンの奥深くには、煮えたぎるほど熱い川が存在するという伝説がある。日本にある温泉などというレベルではない。沸騰するほどの熱さだ。

 地質学者でありペルー出身のアンドレス・ルッソ氏は、その川の正体を探るためアマゾンへと訪れた。そしてそれは確かにあったのだ。

 

The Amazon’s Boiling River Kills Anything That Enters

祖父から聞いた伝説の煮えたぎる川

 ルッソ氏は12歳の時に祖父から
不思議な話を聞いた。

スペインの征服者がインカの皇帝を殺した後、彼らは黄金を求めてアマゾンの密林に足を踏み入れた。しかし帰ってきたのはほんの数人のみで、皆口々に毒に侵された水、人喰い蛇、飢餓、病気など悪夢のような話を語った。その1つが、まるで底を巨大な炎で熱したかのように煮えたぎる川であった。

この話はしっかりとルッソ氏の
心に焼き付けられた。

伝説を確かめるべくアマゾンへ

成長したルッソ氏は、
アメリカ・サザンメソジスト大学博士課程で
地質学を研究するようになっていた。
そして、幼いころ祖父か聞いた
あの話の真相を確かめるべく、
アマゾンに訪れた。

彼の当初の論文テーマは、
ペルーの詳細な地熱マップを作ることだった。
祖父の話していた煮えたぎる川が
実際に存在するかもしれない。

しかし先輩にはあり得ないと一蹴された。
川が沸騰するには狭い区間であっても
膨大な地熱が必要になる。
だがアマゾン盆地は活火山から
遠く隔てられている。
指導教授からもやはり馬鹿げたことを
考えるのは止めろと諭された。

それでもルッソ氏はあきらめなかった。
そして、だが彼の話に真剣に
耳を傾けてくれる唯一の存在に出会う。
彼の叔母はなんとそこに行ったことがあるというのだ。

マヤンチュヤックに存在した煮えたぎる川

そしてついに発見したのだ。
煮えたぎる川は伝説上の存在ではなく、
ペルーの熱帯雨林の奥深くにある
マヤンチュヤックの神聖な
ヒーリングスポットであった。

最も広いところで幅25メートル、
深さ6メートルある川は、
およそ6.4キロに渡りお茶を沸かせられるほどの
水温に保たれている。
そしてその一部は実際に沸騰している。

アマゾンには温泉の記録があるが、
いずれも大きさの点でこの川の
足元にも及ばない。

詳細な調査と川の保全活動を

人数は多くないが、
マヤンチュヤックには先住民族
アシャニンカ(Ashaninka)伝統のヒーリングを
受けるために毎年人々が訪れているという。

だが1930年代の石油開発の資料に
記載されている曖昧な記述を除けば、
川について記した
学術的な文献は存在しない。
ここは実に75年もの間、
広く知れ渡ることなくあり続けた。

現在、地元のコミュニティときちんとした
関係を作り上げたルッソ氏は、
現在その地熱について詳細な研究を行ない、
アマゾン盆地の文脈から捉えようとしている最中だ。

また微生物学者と手を組み、
熱湯の中に潜む
極限微生物についても調査している。
この環境で生きれる生物があれば、
数十億年前のまだ地球が荒々しかった時代に
起きた生命の誕生について知見が得られることだろう。

だがルッソ氏にとって最も重要なことは、
この場所を保全することだ。
川は自然の驚異でありながら、
保全なしではいずれ消えてしまう懸念があるのである。

ルッソ氏が初めてここを訪れた2011年当時、
周辺の森林は違法伐採によって
切り倒されつつあった。
このまま何もしなければ、
間もなくこの世から失くなってしまう
可能性が高い。

そこで世間の注目を
集めることで支援を募り、
長期的な保全を
試みようというのがルッソ氏の狙いだ。
違法伐採から資源開発まで、
マヤンチュヤックはいくつもの
脅威にさらされているが、
保全へ向けた体制は日に日に強固になりつつある。


ルッソ氏の幼いころの好奇心から
ついにたどり着いた「煮えたぎる川」。
地球上には残り少なくなってしまったものの
まだ自然の驚異が隠されている。

どれも守るべきものあり、
国際的な規模でその
保全活動を展開していく必要があるだろう。

via:digg / telegraph // translated by hiroching / edited by parumo

引用: カラパイア