駅の安全向上のため設置が進められているホームドア。
2020年度までに一日10万人が利用する駅に設置することが
国土交通省によって決定されるも、
2016年末の時点では整備率は約3割。
まだまだ十分普及しているとはいえないが、
設置翌年度以降は人身事故が激減するなど、効果は絶大だ。

ホームドアは、
ご存知の通りホームからの転落事故を防止する柵の役目を果たしている。
しかし、JR山手線の有楽町駅と神田駅には
ホームの真ん中に一部設置されている。はて、
なんのためにあるのだろう。
JR東日本の広報担当者に伺った。

――このホームドアはなんのために設置されているんですか?

「これはホームドアを動かすための電源や
制御を行う部分が収納されています。
どの駅のホームドアにもありますが、
通常は、可動柵と並んで設置されています。
ですが、有楽町駅や神田駅は、
スペースの問題で並べて置けないため、
お客様の流動の妨げにならない
階段脇等のスペースに設置しています。

「見た目が扉と同じなので、
線路に面していないところに
設置されていると不思議に思われるかもしれませんが、
ホームドアを機能させるには必要な部分です」

 

他には新大久保駅も同様の理由で
ホームの端にL字型で設置されている。


ホームドアが普及しはじめたのはここ10年ほど。
昔からある駅はホームドアの設置を想定して作られていないため、
このようにスペースを工夫して設置するケースも出てくる。
様々な事情を乗り越えて、
より安全な駅づくりのためホームドアの設置が
推進されていることに感謝したい。

 

引用: excite.ニュース