多くのコアゲーマーから注目を
集めてきた『セインツロウ』
シリーズの遺伝子を受け継ぐ、
新作オープンワールドアクションゲーム
『エージェンツ オブ メイヘム』。
本稿では、今作の発売に先駆けて
登場キャラクターたちの特徴を
GIFアニメーション付きでご紹介します。
第2弾となる今回は「ボムシェルズ」をお届け。
艶やかな美女エンジニアに元医師のハンター、
熱狂的サッカーファンのお騒がせ野郎まで、
バリエーション豊かな危険人物が揃っています。

■美女で野獣なデンジャラス・サラブレッド「ジュール」

 

ファッション業界の巨人と、ヨーロッパでも指折りのエンジニアの娘として生まれた彼女は、両親の功績に恥じない人生を歩もうと努力していた。LEGIONに狙われると、父親は母親とともに姿をくらましたが、彼女は前線に立ち、MAYHEMに参加することを決意した。

 

ファッション業界の巨人と
凄腕エンジニアの間に生まれた「ジュール」は、
ビームガンと武装タレットで
『エージェンツ オブ メイヘム』の
世界を騒がせる美女。
敵を追尾するエナジーを放つ
「エネルギービームガン」は、
攻撃はもちろんタレットの
回復にも使用可能です。
メイヘムアビリティを発動すれば
パルスを放出する特殊タレットで
敵兵たちを蹂躙できます。

 

■ジャックよりブラックな暗黒物質を操る元医師「ラーマ」

 

著名な免疫学者であるプラナティ・マルホトラは、急速に故郷・ムンバイに広がるダークマター感染症を食い止めようと奮闘していた。彼女は、病気の治療方法とその元凶への復讐を求めて「ラーマ」として立ち上がる。

 

 

医師からハンターへと転身した
「ラーマ」のメイン武器は弓矢。
ステルス状態になって敵兵をスナイプしていく、
一撃必殺系のエージェントです。
免疫学者である彼女ですが、
メイヘムアビリティでは
ダークマターを炸裂させ、
周囲の敵を次々と
再起不能にする特殊な矢を放ちます。

■一枚で退場確定の三枚目フーリガン「レッドカード」

レッドカードはかつてドイツのサッカークラブ、FCリューデスハイムの一番の熱狂的ファンでいることこそが自分の仕事だと豪語していた。しかしLEGIONがスポーツイベントに狙いを定めた頃には、彼は危険なフーリガンとして名を馳せていた。ペルセポネは試合中にLEGIONへの暴動を扇動する彼をみて、使いどころ次第で強力な武器になると、この危険人物を仲間に引き入れた。

 


「サッカー狂のサイコパス」
とまで言われる「レッドカード」は、
ショットガンとアサルトライフルを
使い分けて敵陣を切り進める強烈なアタッカー。
元々は有名フーリガンだったという
経歴を持つ彼は、
周りの敵を「混乱」状態にしてしまう
激しい大爆発を起こす
メイヘムアビリティを備えています。


「フランチャイズフォース」に
続く危険人物集団「ボムシェルズ」の
面々は以上となります。
『エージェンツ オブ メイヘム』の
国内PS4版は、2017年12月7日より発売予定。
次回は『セインツロウ』シリーズの
面影を感じさせる人物も飛び出す
「ファイアリングスクワッド」
のメンバーをご紹介します!

引用: Gamespark