先日、
「台湾人のヤクルトの飲み方」
がネットで話題に
なったのをご存知だろうか?
 それって、
ヤクルトにお茶を混ぜる
「ヤクルト緑茶」のこと?

いや違う。何でも台湾では、
ヤクルトの瓶を逆さ
にして下から飲む
というのだ。
うそやん! 
なんでそんな面倒なことを
わざわざやるんだよ!? 
単なる噂なのか、
事実なのか台湾人に聞いてみた。

・「台湾式ヤクルトの飲み方」

まず、話題となった
「台湾式ヤクルトの飲み方」
についてご説明しよう! 
やり方は非常に簡単だ。
ヤクルトを上下逆さに持ち、
そのままお口へGO。
容器の底をかんで、
穴をあけ、その穴から
チューチューと吸うのだ。

台湾では、こういう飲み方
をする人がいるらしい。
何でも、この方が上の
銀紙をはがして飲むより
美味しく感じるのだとか。
いやいや、飲む場所
ひとつで味なんて
変わらんでしょ?

・噂はホンマでっか? 台湾人に聞いてみた

単なる噂話なのかも。
半信半疑で、
知り合いの台湾人たちに
聞いてみたところまず
「知らない」という声! 
ほーらね、やっぱり……と
思ったら甘かった! 
「小さい頃にやった」
「懐かしい」という
声も聞かれたのだ!! 
えええっ!? マジかよ!

・試してみた→妙な満足感が!

ということで、
私(沢井)も日本のヤクルトで
実際に試してみたぞ。
その結果……下から
飲んだ方が満足感
があるかも!!

小さな穴から、
チビチビとしか口
に入らない。
なので長く楽しめる。
つまり、なんだか、
たくさん飲んだ
気になれる。
しかも、歯で穴を
あけるという本来不要
な労力が発生しているので、
飲めたときに妙な
達成感があるのだ。

ヤクルトの味自体
に変化はない。
しかし、その満たされた
気持ちがスパイスとなり、
美味しく感じているのだろう。

なお、日本人でも、
子供の頃にこの飲み方
をやったことがある
という人もいるようだ。
台湾人だから、
日本人だから、
というよりは、
小学生が考えそうなこと……
なのかもしれない。

参考リンク:YouTube
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼プラスチックは固い。ひねりを加えながらかむのがポイントだ

▼達成感はあるが、行儀がいい飲み方とは言えないかもね

引用: RocketNews24