スパ! 
マー語(マサイ語)はもちろん、
ケニアの公用語であるスワヒリ語、
そして英語、さらに最近は……
なんと日本語まで覚え始めた
マサイ族のインテリ戦士・ルカだ。
「arigato」って、
アッシェオレン(ありがとう)って
意味なんだろ? アリガト!!

さてさて、そんなオレたちマサイ族が、
どんな教育を受けているのか
気になる人も1人や2人はいるだろう。
つーことで今回は特別に……
マサイの未来を担う天才児、
オレっちの娘ちゃん(6歳)の
テスト答案用紙
をご披露しようかと思う。
ビビるぞ。

ウチの娘の名前はセイン。
ルカは名字なので、
日本語風に言うと
ルカ・セインな。
ちなみにオレはルカ・サンテだ。
年齢は6歳だから、
日本でいうところの
小学1年生に相当すっかな。
それはさておき、
セイン天才。
間違いなく天才。
ジーニアスよ。

というのも、
毎回毎回、
持ち帰ってくるテストの
答案用紙が……
ッハァ〜〜〜……。
まいった。
頭良すぎる……
ってな。
いっつも「ッハァ〜〜(マイッタ)」って。
毎度そう思うオレは、
もしかしたらバカかもな。
バカはバカでも「親バカ」のほうな(笑)

あ、そうそう、よーく答案用紙を
見てもらえばわかると思うんだけど、
やっぱり英語には力を
入れてる。
あとは、得点じゃなくて
「パーセンテージ」だ。
百点満点じゃなくて、100%の
答案用紙もあったりするんだ。
やっぱ天才だよ。マイッタ! 
オレセリ!!

▼絵もうめえし……マイッタ!

▼算数もできちゃうとか……ヤベーッ!!

▼最低でも86%とか……レベル高すぎだろ……!!

 

▼100%キターーーーーッ!! マジ天才ッ! でかしたーーーっ!!

▼うちの子は天才

Report:ルカ(マサイ族)

引用: RocketNews24