世の中には
前世の記憶がある子ども
なんかが存在するが、
これはかなりのレアケースである。

ロシア・ヴォルゴグラードに住む
ボリス・キプリアノヴィッチさん(21歳)は
前世の記憶をクリアに
持っているようなんだけども、
どうやら火星人だったらしい。

子どものころから
「地球人として生まれ変わる前、
僕は火星人だった」と
一貫して主張していて
宇宙関係の専門家たちを
困惑させ続けている。

でも最近、
異星人は天体の地下にある海に住んでいる
と唱える学者なんかも
いたりするので、
ひょっとしてもしかすると
もしかするん?

生まれて数カ月後には言葉を発するスーパーベイビーだった?

1996年に地球に誕生した
ボリスさんは、
生まれて数カ月後に
言葉を話したスーパー
ベイビーだったという。

2歳までに読書をしたり、
文字を書いたり、
絵を描いたりができるようになって、
教わったこともないような
“外国の文明”について
頻繁に語るようになったという。

ドキュメンタリー映像が公開されて一躍有名人に


Project Camelot Interviews Boriska

そんなボリスさんが
一躍有名になったのは、
2008年にYouTubeにて
公開されたドキュメンタリー
動画がきっかけだった。

ボリスさんによると前世では
火星人として
「核戦争で荒廃した火星」の
地下に住んでおり、
二酸化炭素で呼吸していたという。

火星人の身長平均は
約2メートル10cmで、
35歳で老化がストップして
それ以降は老いることも
死ぬこともないという。

また、技術的に
ものすごく進歩していて、
宇宙船に乗って惑星間を
行き来することも可能だったのだとか。

image credit:YouTube

 

古代エジプトと火星人の関係

さらに、火星人が地球上の
古代エジプト人と親しくしていたこと、
パイロットとして地球を
訪れたことがあることなどを
詳細に覚えているという。

エジプトにある「ギザの
大スフィンクス」の耳の
後ろに入口があり、
その中には地球人の暮らしを
一変させるような
もんのすごい秘密が
隠されていると
語っているようだが・・・。

image credit:YouTube
でもその肝心の入口が
どこにあったのかは
忘れちゃったという。
今も火星人は
火星の地下で暮らしている
とも語っている。

もちろん、ボリスさんの話が
すべて本当なの
かどうかは不明である。
我々がいつか火星に到達し、
その地下を探ることが
できれば真相は明らかになるはずだ。

現在21歳になったボリスさんだが、
今なお自分の前世が
火星人だったとの
主張にはブレがない。
かつて核戦争で
事実上消滅してしまった火星と
同じ方向に地球も向かっている
ことを懸念しているという。

via:The sun / Daily mail / Mirror / YouTubeなど / translated by usagi / edited by parumo

引用: カラパイア