大切な家族や友人から祝福され、
幸せいっぱいの『結婚式』。

でも本番を迎えるまでには、
仕事の合間をぬって打ち合わせを
重ねたり、準備の中で意見が
ぶつかったりと、
2人の間でさまざまな
ドラマがあるものです。

 

これは、当日まで二人三脚で
頑張ってきた新婦へ仕掛けた、
シャイな新郎による『精一杯のサプライズ』。

新婦に待っていた『もう1つの幸せ』

「実は、昨日も最後の仕上げに、小物を作っていたんです(笑)」

ゲストたちに喜んでもらいたい一心で、
披露宴の前日まで会場装飾を
作っていたという新婦。
当日ドレスに着替えながらも、
「まだまだできただろうな…」と振り返ります。

「親族に楽しんでもらいたい、という一番の想いがあったので、彼女は想像以上に裏で準備をしてくれていたんだと思います」

 

人を喜ばせることにいつも
一生懸命な彼女を、
今度は自分が喜ばせたい…。

実は、彼女の知らないところで、
新郎は『人生初のサプライズ』
をこっそり準備していたのです。

「いままでは、サプライズなん
て度胸がなくて実行できなかった」
と本音をつぶやく新郎。
今回、シャイな彼が思い
切って決心したのは――。

結婚式が終わった後のご褒美に、自分が作ったデザートを食べてもらう

普段、料理をすることはなく、
デザート作りはもちろん初めて。
シェフに基本から教わりながら、
慣れない手つきでミルクを泡立てます。

「やべ、失敗した!」

うまくいくまで何度も
やり直す表情は、
真剣そのもの。
食べてくれた彼女の笑顔を
想像しながら、
少しずつ形にしていきます。

無事に披露宴はお開き。
楽しんでくれているゲストたちを見て、
新婦は幸せそうな笑顔で控室へ戻ります。
するとそこには、思いもよらない『もう1つの幸せ』が…。

もう一度サプライズをしたい・されたい人は、実に『9割』!

一般カップルの結婚式に
密着取材したこちらの動画は、
雪印メグミルクが公開したもの。

動画の中では、新郎がクリーミーな
味わいのドリンク『濃厚ミルク仕立て』
をスペシャルなデザート
に生まれ変わらせています。

雪印メグミルクが調査した
アンケートによると、
7割強の女性がサプライズを
仕掛けた・受けたことがあるそうで、
もう一度サプライズを仕掛
けたい・受けたいという人は
全体の9割を占めたとか!

さらに、サプライズを受けた時
の感情は、年齢を問わず
「嬉しかった」と回答した人が
圧倒的に多かったそうです。

『サプライズ』といっても、
驚かせることより、
「相手を喜ばせたい」という
想いのほうが強いのかもしれません。

いつも顔を合わせている人に、
改めて感謝を言葉で伝えるのは、
ちょっと照れくさいものですよね。

もうすぐクリスマス。
いつも頑張っている大切な人へ、
思い切ってちょっとした
『ご褒美サプライズ』を
仕掛けてみるのはいかがでしょうか。

 

引用: grape