ソニー・インタラクティブ
エンタテインメントジャパンアジアは、
PS4用ソフト「ゴッド・オブ・ウォー」
「Detroit Become Human」
「Concrete Genie(仮称)」
「Ghost of Tsushima(仮称)」の
新規映像を、
YouTubeで公開した。

フランス・パリで現地時間10月30日に
開催された「PlayStation Media Showcase」や、
その後の「Paris Games Week 2017」
(以下、PGW2017)
期間中に公開した新トレーラー、
クリエイターインタビュー映像が公開に。
新作タイトルの魅力に迫ってみよう。

「ゴッド・オブ・ウォー」ゲームプレイトレーラー

伝説のスパルタ兵、クレイトスを主人公に、
ギリシャ神話を舞台とした壮大な物語や、
強大な神々とのバトルが好評を博した
「GOD OF WAR」シリーズが、
北欧神話の世界を舞台に、
まったく新しい物語として幕を開けます。

新システムによって生まれ変わった
シリーズ特有の大迫力バトル、
クレイトスと息子アトレウスの2人が
臨機応変に共闘する様を御覧ください。

「Detroit Become Human」PGW2017トレーラー(カーラ篇/日本語吹替版)

それは命か、それともモノか。

2038年、デトロイト。
人工知能やロボット工学が
高度に発展を遂げた、
アンドロイド産業の都。
人間と同等の知能と
容姿を持ちながら、
「モノ」として扱われる
アンドロイドたちの中に、
「意思」や「感情」を持つ
個体が現れはじめました。

本トレーラーに登場する
「カーラ」もその一体。
とある父子家庭において、
従順で、命令を聞くだけの
家政婦モデルのカーラが、
なぜ自分の意思で
行動するようになったのか。
その理由を、瞬間を、
本トレーラーで御覧ください。

「Concrete Genie」(仮称)PGW2017トレーラー、クリエイターインタビュー

少年のペンは、街に生命を吹き込む魔法の筆。

PGW2017で発表された
「Concrete Genie」(仮称)は、
「アッシュ」という名の、
絵を描くことが大好きで、
ちょっと内向的な少年が主人公の
アクション・アドベンチャーゲーム。
舞台となる故郷の街「デンスカ」は
空も街並みも、
どんよりとした灰色一色で、
気が滅入りそう。

そんな街で、
彼は魔法の絵の具に出会います。
なんと、アッシュが描いた絵には
生命が吹き込まれ、
描かれた景色、
不思議な生き物たちは動き出し、
街に活気を、
そしてアッシュ自身を
生き生きとさせていくのです。

これまでにない独自の世界観、
絵に生命がやどるという
新たなゲーム性がどうやって
生まれてきたのか。
開発に携わったアートディレクターの
ジェフ・サンガリと、
クリエイティブディレクターの
ドミニク・ロビリヤールが解説する、
クリエイターインタビュー動画も
公開しました。
ゲームに込めたふたりの想い、
言葉にご注目下さい。

「Ghost of Tsushima(仮称)」PGW2017クリエイターインタビュー

PGW2017で発表された
「Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)」(仮称)を、
開発に携わったサッカー・パンチのクリエイティブ&
アートディレクターのジェイソン・コーネルと、
クリエイティブディレクターの
ネイト・フォックスが解説します。

「inFAMOUS」シリーズなどで
オープンワールドアクションに
定評のある開発スタジオ、
サッカー・パンチが選んだ
次の舞台がなぜ「日本」だったのか?
なぜ「侍」なのか?
本作品がどのように生まれてきたか、
どこに向かうのかを、
ふたりが語ります。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。
掲載画像には、開発中のものが
含まれている場合があります。

引用: Gamer