おばあちゃんの知恵袋的に
昔から伝わる民間療法の中には
その効果が確認されているもの
もあるにはある。

病院に行くほどではない
けれどちょっとしんどいなーってとき、
そういうのを試してみる
のはいいかもしれない。

だが中には、とてつもなく危険で
デンジャラスな民間療法も
あるから要注意なのだ。

中国広東省の広州市白雲区に
住むリューさん(49歳)は
便秘に苦しんでいた。
そのことを友だちに相談した
ところある民間療法を
教えてもらった。

それは「ウナギを生きたまま
お尻に突っ込めば便秘が治る」
というとんでもない方法
だったのだけど、
リューさんはこれに
チャレンジしてしまったんだ。

 その結果・・・

タウナギを生きたままお尻に突っ込んでみた結果

 ウナギを入れたら治るのか!
すっかり信じ込んでしまったリューさん。
まずは生きたウナギを
探すことにしたんだが、
なかなか見つからない。

だが、見た目と名前は
似てるけどウナギとは
ぜんぜん別種のタウナギを
生きたままゲット
することに成功した。
「まあ一緒だろ」と軽い
気持ちで突っ込んでみた。

タウナギはウナギや
ヘビのようなスリムで
ニュルッとした円筒状の体形で、
田んぼや水路、
沼などに生息している
淡水魚である。

そのタウナギは、
長さ約51cm、
太さ約3cmのものである。
エイッ!とお尻に
差し込んだところ・・・

便秘が治るどころか、
耐え難い腹痛が
リューさんを襲った。

こりゃあたまらん・・・
えらいこっちゃ・・・
リューさんは我慢
できずに病院に
駆け込んだ。

 

緊急手術をした医師がタウナギにビックリ仰天!

リューさんを診察した
医師は困った。
とにかくお腹が痛い
と訴えるし、たぶん何らかの
異常事態が発生
したに違いない。
でも理由を聞くとだんまりだ。

いよいよやばい
感じになってきたので
緊急手術が行われる
ことになったんだが、
医師らは腹部を
開いてビックリ仰天。

食べかすや糞便の中から、
大きなタウナギが
生きたまま現れたのだ。

しかも、リューさんの
腸を突き破っており、
腹部にいながらにして
じわじわとリューさんを
殺してしまう勢いだった。

 

ウナギをお尻に入れれば便秘が治るというのは迷信!

 チョウ・チユウ医師によると、
リューさんは深刻な腸閉塞で
いつ死亡してもおかしく
ない状態だったという。

手術が終わってから
チョウ医師がリューさんに
質問すると「タウナギが勝手にお
尻に入って来たんだ」と言い張る。
でもその後、自らが
入れたとようやく認めたそうだ。

リューさんは徐々に
回復しており、
命に別状はないらしい。

なお、チョウ医師は
「ウナギを生きたまま
お尻に突っ込めば便秘が治る」
という民間療法に
科学的な根拠はないと
指摘している。

便秘に悩むお友達。
生きたウナギを入れても
便秘は治らない。
絶対にマネしないでね!

また日本では、
飴玉を肛門に入れると
便秘が治るという
民間療法もあるが、
これも危険なので
やめた方がいいだろう。

via:The sun / SCMP / NZheraldなど / translated by usagi / edited by parumo

引用: カラパイア