たった1日だけ、過去に戻れる日があるとしたら――。

そう聞かれた時、
あなたならどの1日を選ぶでしょうか。

これは、愛を貫いた男性の、
はかなくも不思議な1日を描いた物語です。

夢か、現実か

不思議な森の中
を歩く男性、守(まもる)。
彼は、歩くたびに、
身体が軽くなっていく
自分に気付きます。

俺は、死んだのか?

自分の死を感じながらも、
地を踏みしめながら現実と
夢の狭間でさまよい続ける守。
ただひたすら、
目の前に続く道を辿っていくと…。

いらっしゃい。若返りましたね。

目の前に立っていたのは、
1人の老人。
彼は、あの世との境界を
守る住人だったのです。

「あなたは老衰によって87歳で死んだ」と、
老人から告げられた守。
そして、彼は守に不思議
なことをたずねます。

過去で1日戻れる日があるなら、行きますか?朝から、日が沈むまで。

『その1日』のことを頭に思い浮かべる守。
ふと気が付くと、彼は生まれ故郷
である南島原の地に立っていました。

すると後ろから、
忘れもしない『あの足音』が、
聞こえてきたのです――。

 

 

2つの想いが、時を超えて動き出す

守が戻ってきた『過去』は、
生涯想い続けた最愛の女性・結衣(ゆい)
と過ごした1日。
若くして死に別れた結衣と
再会するのは、50年ぶりでした。

泣いてもありえないから。遅れるなら連絡してよね!

この時はまだ、
自分の運命を知らない結衣。
気が強くて美しい、
あのころのまま変わらない彼女が、
目の前にいる…。
思わず守は涙ぐみます。

一緒にイルカの群れを見た漁船、
卒業した小学校、
守の実家である酒蔵…。
2人は、お互いにとって大切な故郷、
南島原の地をめぐります。

しかし、刻一刻と近づいてくる、
日の入りの時間。
一緒にいられる時間は
後わずかです。

ずっと、本当に長かった。ずっと、いいたかった。

これまで『ある後悔』を抱えてきた守。
50年の時を超えて、
最期に彼が結衣へ伝えたこととは…。

南島原市の人々と作り上げた、壮大なストーリー

こちらの映像は、
長崎県の南島原市が
観光誘致のために
制作したもの。

死者を弔うために行われる、
長崎県の伝統行事『精霊流し』を
テーマに、
幻想的な世界観を作りあげています。

映像に出てくる酒蔵の
ご主人や柴犬をはじめ、
エキストラはみな、地元の人たち。

ちなみに、主人公の守は、
若い時に死に別れた恋人を想い続け、
独身のまま生涯をとじたという、
この地に実在した男性が
モデルになっているそうです。

南島原の美しい景色と、
あたたかい地元の人たちの協力が
あったからこそ完成できた、
壮大な感動作。

死後、もう一度大切な人に
会える不思議な1日…
あなたなら、
誰に会いにいくでしょうか。

引用: grape